「口腔違和感症」…口の中が酸っぱい感じがする

 

口腔違和感症の中で、口の中が、何故かいつも酸っぱい感じがする…と、訴える方もおります。この症状に関しても考察を加えてみましょう。日常臨床の中で、口臭の発生と共に、酸っぱい感じや、しょっぱい味がいつも感じている方がいます。こうした方の場合、以下のような症状や病気が隠れている事が多いです。

 

①    一番多い原因は、「逆流性食道炎」です。これは、胃酸が逆流して、食道に炎症が発生している場合です。胃酸は強酸のため、食道粘膜に強い炎症をもたらします。このこみ上げてくる胃酸が、口の中が酸っぱい味がしてしまうのです。普段の生活の中で、口臭と共に、胸焼けを感じるようであれば、一度検査が必要でしょう。

 

 

 

②    次に考え有られるのは、人体にとって必須のミネラルである、亜鉛不足による味覚障害の可能性です。これは、舌の上に存在する、味覚を感じる「味蕾」という組織が、亜鉛不足により、その機能が低下する為に発生してきます。味を上手く感じる事が出来なくなると、、酸っぱい味を常に感じるようになります。

①    人はストレスを感じると自律神経が乱れます。特に、過緊張などで、交感神経が優位になると、唾液の分泌量が減少します。こうなると、口腔内に潤いがなくなり、唾液が持つ殺菌作用が弱まり、菌が増殖するようになります。この時に、菌は残りカスとして、酸性物質や臭気物質などの「代謝産物」を生成します。この成分が、酸っぱい感じにつながります。

 

一方、東洋医学的には、「お血」(お…は、病ダレに於と書きます)体質の時に出てくることが多いです。お血は、ドロドロ血体質にも近い体質で、女性においては、「血の道症」にも通じます。ホルモンバランスとも密接な関係があり、生理の前後で、酸っぱい感じを訴える方が多いです。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    仲西亀夫 (日曜日, 29 4月 2018 05:52)

    口の酸っぱさは、どうしたら解消しますか教えください。

  • #2

    齊藤信勝 (金曜日, 04 5月 2018 16:08)

    はじめまして、秋田市の齊藤と申します。
    今年の始めころから、うつ病の薬を処方され飲んでます。その頃から唾液がすっぱく感じられ今も直りません。食べ物の味も、甘い、しょっぱい、すっぱい味は感じますが、味噌汁のような薄味の食べ物はまったくかんじません。
    うつ病の薬が原因でしょうか?
    よろしくお願いいたします。

  • #3

    中城歯科より、 (月曜日, 07 5月 2018 09:04)

    味を感受する部分は、「味蕾」と言う細胞が、舌の表面に点在しています。もし、舌の表面を鏡で見てみて、舌苔が「おから」のように、指で掻き取れる、位付着しているようでしたら、舌苔由来の味覚異常の可能性もあります。ただ、他の味覚は感じる事が出来ているので、そこの部分を考察しなければなりません。一般的に、抗うつ薬を継続服用すると、「抗コリン作用」により、唾液分泌量が減少します。味を感じる味蕾は、唾液が少ないと、味蕾細胞に刺激を感じる事が出来ません。甘い味や酸っぱい味は、その味覚刺激により唾液の分泌がある程度促されますが、しょっぱい味は、唾液の分泌量が少ない傾向になるので、感じ方が弱いのでしょう。担当医の方に相談して、「抗コリン作用」の弱い処方に変更してもらうことも必要でしょう。